びわ

びわ室戸市吉良川町の黒耳地区は日本一早い露地びわの産地です。

びわは、遅い霜などの寒害にやられやすいため、日当りの良い南に向かう海沿いの急斜面に栽培され、室戸市は絶好の生育条件を備えています。
黒耳地区のびわは日当りと水はけの良い海成段丘(大地の隆起と波の侵食によってつくられた地形)で栽培され、キズがつくとすぐ黒くなるデリケートな果物のため、実のひとつひとつに丁寧に袋がけをし、傷などがつかないよう慎重に育てています。

昭和2年(1927年)頃、長崎県茂木びわの苗木を導入し、昭和12年頃より共同出荷するようになりました。
現在、生産者数は約80名、7ヘクタール(*1)に茂木、室戸早生を栽培し、日本一の早出しびわとして知られ、4・5月になると国道沿いの良心市でも売られています。
*1 直近の栽培面積

旬:4~5月





カテゴリーから探す

観たい、体験した、買いたいなど目的別に検索できます。

  • 自然・文化を見る
  • 遊ぶ・体験する
  • 特産品を買う・味わう
  • お食事
  • 泊まる
  • 季節ごとのイベント情報一覧

一般社団法人 室戸市観光協会
〒781-7101 高知県室戸市室戸岬町6939-4
TEL:0887-22-0574(FAX兼用)
E-Mail:info@muroto-kankou.com

  • 室戸市観光協会 ツイッター
  • 室戸市観光協会 フェイスブック